FC2ブログ

串本マリンセンター

本州最南端の串本町にあるダイビングサービスです。 ファンダイビング・ライセンス取得コース・体験ダイビングなどおまかせください。

串本マリンセンター

Author:串本マリンセンター

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意外に良い天気

昨夜の天気予報からはまず今日のダイビングは無理と思われました。ところが日が変わってみると小雨の状況は予想通りでしたが、心配した強風は吹かず住崎でのボートダイビングが楽しめました。
透明度8~10m、水温18℃とマズマズのコンディションでした。

今日の一枚、Mさんからお借りするオオモンカエルアンコウです。

コピー ~ マッチャン
スポンサーサイト

時化

午後から本格的な雨になりました。この季節には珍しく(この言い回し、最近よく使いますが・・・)まとまった雨が降っています。明日開催予定の「芝焼き。」、残念ながら来週2月7日に順延されました。今夜の雨は恐らく朝には上がるのでしょうが、明日は夜まで強風が続くとの予想、予定している打ち上げ花火にも影響がでそうなことから順延の決定となりました。

春の兆しその2

初春を想わせる暖かな一日でした。管理人が参加しているエルトゥールル号の調査、今日は先日引き上げた大きな調理鍋の蓋を開けて中身を確認することになりました。ある程度の予想は出来たのですが、やはりドキドキするもので中々の緊張感でした。堆積した土砂の中から陶器の破片が数点見つかり、或いは当時のものかと推測します。

フォトコン

今年も恒例のフォトコンテストの審査発表がありました。受賞者名簿の掲載は都合で明日になりますが、受賞者の皆さん、月並みな言葉ではありますが本当にオメデトウございます。

数日続いた好天、どうも明日以降の雲行きが怪しそうです。特に週末の芝焼き、関係者として気を揉む日々が続きます。

春の兆し?

漸く風も収まり晴天に恵まれた海上はダイビング日和になりました。

天気がいいので、私はセンター前に潜りに行きフクロノリを横目に見ていると、ノリの間からミルにヒメイカが付いているのを見つけました。
以前から春になるとホンダワラについているのは見かけていましたが・・・こんなに早く見られるとは。

P1010024.jpg



ここ数日、エルトゥールル号の調査の中の一つの区切りであるクッキングポットの引上げ作業に手間取り(想像以上に重く)、センター前日誌の更新をスタッフにばかり委ねています。そんな中、ゲストのYさんのご提案でフォトギャラリが新たに加わりました。いままで掲載された写真を改めて見直してみると、感慨深いものがあります。Yさん、有難うございます。



今日は寒空の一日となり、ほんまに鍋の美味しい季節ですね。
このところインフルエンザが流行っていますが、この辺りでも学級閉鎖になったりしています。
皆さん風邪をひいていませんか?

美味しい鍋を食べて体の中から暖めてください。
(わたしも鍋3日目です・・)

田子ビーチ

昨日の予報とは裏腹に北西の風がやや強く海上はラフコンディションとなりました。

私はゲストと共に西側の田子ビーチに潜りに行きました。
初めて潜るポイントなのでやや緊張気味でしたが、水中に入ると透明度も良く思ったよりサンゴがたくさん見れ、私の緊張もほぐれました。
サンゴの周りではチョウチョウウオの種類も多く、ウミウシの交接もl見れました。

水温は少し下がって17℃、透明度10m

小雪

昨日の陽気はウソのような、今日は北西の風がやや強く小雪の舞う一日になりましたが、
予報では明日は冬型が緩みそうです。

お日さん

なんか、久しぶりに太陽を見たような感じがします。

今日は朝から暖かく小春日和の一日になりましたが 海上は少しラフコンディションで私は東側に潜りに行きました。
思ったより透明度も良く15m、水温17℃

今日貼付するのは以前センター前で撮ったツマジロオコゼです。

P1010004.jpg

オオモン

昨日からの降ったり止んだりの空模様は今日もまだ続いている中私は今日もゲストと住崎に向いに行きました。思いのほかコンディションは良く、透明度15m、水温18℃でした。
今日の一枚、オオモンカエルアンコウの目の上にいるイソハゼの2ショットです。

P1010012.jpg

小雨の一日

この時期には珍しくシトシト小雨の一日でした。しかしコンディションそのものはマズマズで、透明度12m、水温17℃といったところです。今日の一枚、久しぶりのHさんからお借りします。

IMG_0770.jpg

オニヒトデ

今日は暦の上では大寒ですが、日中は暖かく久しぶりにセンター前に潜りました。

水中では冬の海らしくフクロノリが出始め、水底を見ながら泳いでいると少し酔うような感じでした。
センター前ではあまり見ることのないオニヒトデ見つけ(しかも30cmの大きさ・・)、ここまでやって来ているという事は増えてるってことかなぁ・・・。

透明度8m、水温17℃

P1010028.jpg

クローズ

夜半の雨はこの時期には珍しいくらいの量でした。明けて天気は快晴になり暖かいくらいの陽気となりましたがウネリは大きく、全域クローズとなりました。明日以降の回復が期待されます。

北東

久しぶりに、朝から北東の風が吹いて海上も凪の一日になりましたが、私は潜るタイミングを外しエアーチャージに専念していました。

今日貼付するトラフケボリは昨日撮ったものですが、長いこといてるなぁと思い・・良く見るとやっぱりキレイでした(飯何食べとんねん!!)

P1010025.jpg

リベンジ

私たちは午前中、住崎に以前から出ているクマドリカエルアンコウを探しに行ってきました。

探すとすぐに見つかり、クマドリはエスカで魚を誘っている所でしたが・・お邪魔かなぁと思いながらもカメラを構えてしまいました。

他にもキビナゴが多くて、前の大きな根も覆い隠されるほどの群れで回遊魚も廻っていました。
透明度10-12、水温17℃

P1010014.jpg

春って感じ・・

昨日までは寒かったのですが、今日は一転して昼の間は北西の風が緩んだせいか陽射しも暖かく春を感じさせるような一日でした。

私は久しぶりにセンター前に潜りに行きましたが、思ったより魚が多く見られ、なかでも今日貼付するウメボシイソギンチャクに目を惹かれ、そこにクマノミもいてるし・・そこで張り付いてしまいました。
透明度は8-10、水温18℃

P1010021.jpg




さむぅ

寒い日が続いてますね。
ここ数日、午前中海上は穏やかでダイビング日和かなっと思いきや・・・午後からは昨日と同じように北西の風が強く吹き夕方には風が収まるようなコンディションです。

話は変わりますが、1月31日の土曜日は【本州最南端の火祭り】が行なわれます。
色々なイベントがあるので皆さん是非遊びに来てください。

樫野の海

連日続くエルトゥールル号の調査ですが、ここまでで一番の陽気のコンディションでした。ポカポカ陽気は眠りを誘うほどの気持ち良さ、しかし殆ど無風に近いコンディションにも拘らず周期的に大きなウネリが調査現場に打ち寄せます。おかげで海底では調査ダイバーが岩にしがみつきながら調査を続けます。やはり船ゴウラ礁は聞きしに勝る難所であることを再認識します。

黒潮の恵み?

ここ数日、本格的な寒さが続いています。当然水温も低下してきているとばかり思っていましたが、どうも良い潮が入ってきているようです。御存知のように管理人は西側海域より平均で約2℃ほど低い東側の海域に連日出かけていますが、今朝の寒さは今年一番と感じ、防寒対策バッチリで現場に向いました。ところが潜ってみると汗ばむくらいの水温でなんと水温計は19℃を示しています。沖の潮はやはり格別で、快適な一日となりました。

大荒れ

今日は朝から強風で大荒れの一日となり、ダイビングは全面クローズとなりました。

そのため、午前中私は近くの上浦ビーチに波乗りに行きましたが、思ったより波が大きく水面の体の出てる部分がとても寒く感じたぶん 海水温は暖かいなぁと思いました。

この3連休、風が吹いてコンディションは悪かったのですが明日からは徐々に緩んできそうです。

P1010179.jpg

北西の風が相変わらず強く吹いた一日でした。管理人は終日大島に出かけていました。先日来センター前日誌に予告していたエルトゥールル号の調査がいよいよ今日から始まりました。素晴らしい調査となることを期待して。

寒波

予報どおり、今年一番の冷え込みとなりました。潮岬で雪が観測されたほどの寒さです。西側海域はやはり北西の風が強く、ボートの出港は見合わせました。
いよいよ明日からエルトゥールル号の調査が始まります。新しい発見に期待は膨らみます。

風邪

このところ本来の目的で海に出かけていないので中々センター前日誌が書けずにいます。明日以降はかなり強い寒気が降りてきそうで、センター前日誌の内容も期待できそうにありません。そんな訳で・・・・・

管理人は2008年の2月頃インフルエンザを体験し、2度と罹りたくないとこの正月前に予防接種を受けました。おかげで現在のところインフルエンザに関しては大丈夫なのですが、数日前から風邪を引いてしまいました。最初は鼻詰まりだけだったのですが、今日あたりはお腹のムカツキが酷く参っています。まあ次から次にと、普段の不摂生を嘆いています。

昨日にも増して

昨日にも増して冷え込んだ一日でした。今年もトルコ軍艦エルトゥールル号の発掘調査が始まります。管理人は準備のお手伝いでここ数日動いています。来たる2010年のトルコ日本年のゴールを目指して実りある調査が出来ることを願っています。

冷え込んだ一日

グッと冷え込んだ一日でした。おまけに夕方からは雨もぱらつき出し寒さを増します。明日は何とか回復しそうですが、体調管理に気を使う天気が続きます。

穏やかな

早朝少し合ったウネリも時間と共に取れ、午後からはダイビング日和になっています。午前中管理人は住崎にクマドリカエルアンコウが出てると聞きゲストと共に潜りに行き確認出来ました。久しぶりのデジカメは現在の管理人には使いこなせず、全てピンボケとなってしまいました。普段ゲストの皆さんの作品に色々解説するものがこのテイタラクでは話になりません。老眼の進行如何ともしがたいものです。
透明度10-15m、水温18℃

曇り空

腫れたり曇ったり、スッキリしない天気の一日でした。お正月休み明けで皆さんが仕事にスタートした今日、センターはお正月休みとなりました。とはいえ管理人は別用で樫野崎で潜っており、中々完全休養とはいきません。明日は北東の風になりそう、きっとグッドコンディションでしょう。

朝の冷え込み寒~

今朝は冷え込みが厳しく体に沁みましたが、海上は久しぶりに穏やかでダイビング日和となりました。

ゲストと共に住崎&アンドの鼻に潜りに行きましたが、昨日と同様透明度もかなり良く水温も17,6℃ととても気持ちよく潜れました。

水中ではアカヒメジとカゴカキダイがいつも以上に群れていて・・・又、キビナゴがスゴくて太陽の陽射しを遮るほどでした。

そういえば、今朝パプアニューギニアでの地震の影響で津波注意報が出ました。
港では海面上昇が見られましたが、水中には影響ありませんでした。
やっぱり海は繋がっていますね~

P1010140.jpg

1月3日

新年1月3日、待望の住崎初潜りとなりました。素晴らしい透明度と多様な生物達が今年もダイバーに素晴らしい感動を与えてくれることでしょう。水温17~18℃、透明度18mオーバーに乾杯。

P1030038.jpg

1月2日

新年二日、今日も北西の季節風は止みません。東側海域でのダイビングとなりましたが、ここ数日では一番の透明度でした。
正月恒例のセンター餅つき大会、今年も多くの参加のもと大賑わいとなりました。
DSCF1068.jpg

DSC_0027.jpg

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。