FC2ブログ

串本マリンセンター

本州最南端の串本町にあるダイビングサービスです。 ファンダイビング・ライセンス取得コース・体験ダイビングなどおまかせください。

串本マリンセンター

Author:串本マリンセンター

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

少し暖かくなりました。

少し暖かくなりました。少しでも陽射しがあると気持ちまで積極的になり、昨日と殆ど変わらない海況にも係わらずダイビングが楽しくなります。ただこの天気は今夜まで、明日から雨になりそうな気配です。
透明度8~12m、水温16℃です。

今日の一枚、今週末がピークとなる佐田の桜です。Mさんからお借りします。

サクラ松
スポンサーサイト



春濁り

穏かに晴れた一日でした。昨日のような午後からの北西風も吹かず、海況は終日安定していました。ただ透明度が今一つで,ゲスト一緒に潜ったスタッフによると、どうも春濁りのような雰囲気です。
今日の透明度5~8m、水温15℃です。

今日の一枚、グラスのヌノサラシです。
ヌノサラシ

寒さが戻りました。

快晴の一日でした。ただ寒さが戻り、折角の桜も花冷えです。
透明度8m、水温16℃です。
今日の一枚、ガヤに産みつけられたウミウシ?のタマゴです。Kさんからお借りします。

タマゴ

今日も穏か

2日続いて穏かな海況の一日でした。透明度、水温は相変わらずですが穏かな海はダイバーにとって何よりの御馳走です。午前中曇りがちだった天気もお昼頃には陽射しが増し、春本来の容器となりました。
今日の透明度、少し改善して8~10m、水温15℃です。

今日の一枚、Mさんからお借りします。
ムラサキ

穏かな週末

本当に久しぶりに穏かな海況で迎えた週末でした。管理人もゲストと一緒にボートに乗りました。暖かな天気と静かな海面とはうって変わり、海中は透明度7~8m、水温15℃とこの時期にしてはイマイチでした。
今日の一枚、ナマコマルガザミ、Kさんからお借りします。

ナマコマルガザミー1

久しぶりの快晴

本当に数日振りに良いお天気になりました。少し冷たい風が吹いていますがやはり陽射しは有難いものです。週末はこのまま良い天気が続きそうです。

菜種梅雨

まるで菜種梅雨のような空模様の日々です。今日は午後から晴れると予想していましたが、結局終日降り止みませんでした。透明度5m、水温15、5℃です。

今日も雨

今日も冷たい雨が降り続いた一日でした。海況は北東風の影響でセンターから見る限りは穏かそうに見えます。しかし午後になってその強さが増すに連れウサギが走り出しました。恐らく8~10m位の風力でしょう。

昨日撮れずにいた古座川の桜、雨のせいで少し暗いですが何とか見れます。ほぼ満開です。
さくらー2

冷たい雨の一日

昨日と変わり、冷たい雨の一日でした。そんな中桜前線は思った以上に早く北上しているようです。
出先からの帰り、寄り道した古座川沿いの桜、殆どが8分咲きとなっています。恐らく今週末は満開になりそうです。カメラを持っていなかったのが悔やまれます。できれば明日のセンター前日誌に貼付します。

穏かな連休最終日

昨日とうって変わり穏かな連休最終日でした。ただ海中のコンディションはさすがに昨日の大荒れの影響で決して良くなく、ボトム付近までの透明度は3m未満、ボトムでやっと5~8m程でした。ちなみに水温は16、5℃とこれももう一つ、次に期待です。

春の嵐

予報どおり、春の嵐が吹き荒れました。夜明け直後のセンター前はまさに台風通過後の様相を呈しており、勿論ダイビングどころではありません。東側の海も夜半から吹き荒れた南風の影響が強く残り、ビーチにはウネリが届きました。でもなんとかダイビングは可能で、多くのダイバーが東側海域に集中しました。センターのゲストも1本だけ出雲でボートに乗りました。海上とは異なり意外に透明度は良く15mほどありました、ただ水温が15℃と少し逆戻りでした。

今日の一枚、そんな出雲で見つけた一枚です。

宝貝-1

終日南風

終日南風が吹いた一日でした。午前中は何とかボートダイビングが楽しめ、海中は海上とうって変わり快適なコンディションでした。しかし午後になって風が強くなり、より穏かな南側海域にポイントを変更しました。
透明度10m、水温17、5℃です。

明日から連休

天気は良いのですが終日北西~西風が吹き続けました。それでも午前中はそれ程強くなく快適なダイビングコンディションでした。明日からの連休、土曜日の夜から日曜日の午前中にかけての天気が少し心配です。
透明度3~8m、水温18℃です。

穏かな海

お昼過ぎに少し雨が降りましたが概ね穏かな天気で過ごせた一日でした。雨の後西風が吹くこともなく、素晴らしい夕暮れです。透明度10m、水温17、5℃です。

少し逆戻り

昨夜は一昨日とは風向きが変わり、北西の強風が夜明けまで吹き続けました。日中は少し収まりましたが、相変わらず終日北西風は吹き続けました。センター前のコンディション、透明度3~5m、水温17,5℃です。
 
今日の一枚、センター前のミノカサゴです。

ミノカサゴー2

回復

昨夜半の強風はまるでミニ台風のようでした。明けて早朝センター前にも波が打ち寄せ、今日はクローズと諦めました。ところが時間の経過と共に海況はドンドン穏かになり、北風は吹き続けましたが、ダイビングは叶いました。
また予想通り透明度は5m位でしたが水温が20℃となっており、海面近くには暖かな潮の証明か沢山のクラゲが浮遊しているのが確認できました。

calm before storm

昨日に引き続き穏かな海況で始まった一日でした。でも予報どおり午後になって南東に風向きが変わりだすと共に海況はラフになってきました。今夜から明日未明にかけてかなり荒れた天気になりそうです。
今日の透明度12m、水温17,5℃。
今日の一枚、センター前で確認したオニヒトデ(2個体)です。侮れません。

saku3.jpg

calm sea

本当にひさしブリにタイトルのような日曜日となりました。透明度5~12m、水温17℃の海はノンビリと過ごすには最適の環境でした。

今日の一枚、寒さを凌いだセンター前のツバメウオです。
つばめー1

天候回復

やっと天気は回復しました。しかし暖かな南西から西風が予想以上に吹き、また作夜半の荒れた天気の影響で海上はウネリが残っていました。明日こそ東風に変わり、終日穏やかな日曜日になりそうです。

センター前

ひさしブリに終日晴れた一日でした。しかしまだ寒さが残り海から上がると暖房が欲しくなる位の気温でした。ところでセンター前に潜ったスタッフによると、1週間ほど前急激に増えてきていたフクロノリが減少しているとのこと、また同じ頃小さかったホンダワラの成長が目立ったとのことでした。陸上とは異なり、海中は意外に春の訪れが早いのかも・・・

今日の一枚、そんなセンター前の今日の午後です。ちなみに透明度8m、水温17,5℃です。

しまー1

まるで冬

まるで冬に逆戻りしたような寒さの一日でした。午後から少し暖かさも戻るかと期待しましたが、夜になってもう一つ寒さが増したようです。

時化その2

午前中は晴れ間も覗き、やっと一段落かと思いましたが午後から雪解けのような雨が降り出し、北西の風と相まって海は大時化となりました。センター前日誌を書いている現在(午後10時)ビーチに打ち寄せる波の音が高く聞こえます。

時化

天気の話ばかりが続きます。今日は昨日より一段寒く、また強い雨が終日降り続きました。テレビでは近畿北部の雪を話題にしています。でも海の中は確実に春が近づいています。先日紹介したMさんの虫の眼レンズから春の近づきを感じるこんな一枚もあります。ホンダワラです。

ホンダワラ

冷え込んだ一日

ここ数日の天気は本当に異常で、今日はグッと冷え込みました。東側海域は大荒れで沿岸には大きなウネリが打ち寄せています。

冷たい雨

冷たい雨の一日でした。しかし午後には小雨、曇りとなり東風のもとダイビングは楽しめました。昨夜は第18回串本海中フォトコンテストの受賞式があり、例年に増して多くの皆さんをお迎えしての盛大なパーティーとなりました。会を重ねるごとに充実していくフォトコンテスト、継続は力です。
今日の透明度12m、水温19℃です。

朝から雨

予報以上にシッカリした雨が午前中にありました。お昼過ぎから陽射しも戻り、少しの西風の下でのダイビングとなりました。透明度12m、水温19℃です。

今日の一枚、Mさんの新兵器「虫の眼レンズ」での一枚です。マスマスイメージは広がります。

虫眼鏡

ポカポカの一日

日替わり天気、今日はポカポカ陽気の一日でした。確実に上着が一枚脱げる位の暖かさ、こんなに目まぐるしく天気が変わるのも珍しいです。

終日雨

日替わり天気、今日は雨です。簡単に雨と表現しましたが実は東の強風が終日吹き続いた時化の一日でした。雨のせいか寒さが募ります。

センター前にも春の兆し

日替わり天気です。終日暖かな陽気の一日でした。センター前に潜ったスタッフに拠ると春の風物詩フクロノリが海底を覆っているとのこと、そんな中こんな人気者もヒョッコリ顔を出してくれました。
透明度5m、水温19℃です。

イロイザリウオ

春はもうすぐ?

夜半の雨は想像以上で海は白く濁っていました。最近の天気は目まぐるしく変わっています。或いは春の前触れかも。外出先の国道沿いでは山桜が淡いピンクに色づきだしています。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE