FC2ブログ

串本マリンセンター

本州最南端の串本町にあるダイビングサービスです。 ファンダイビング・ライセンス取得コース・体験ダイビングなどおまかせください。

串本マリンセンター

Author:串本マリンセンター

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしい花火

素晴らしい花火の一夜でした。昨年の花火は生憎の豪雨で残念でしたが、今年は風向き、天気とも最高のコンディションで快哉を浴びました。肝心の海は少しウネリは残りましたが、何とかダイビングは叶いました。透明度は表層こそ良くありませんでしたが、ボトムで10~12m、水温24~25℃とマズマズのコンディションでした。

花火
スポンサーサイト

暑い日が続きます。。。

今日は朝から波がありラフコンディションの為、安全を考え東側の海に出発しました。

水温は低かったものの透明度は10~12m。
可愛らしいオオモンカエルアンコウにも出会えゲストもとても喜んでいました。

ところで、明日は串本祭りのメインイベントである花火大会です。
去年は〈雷&豪雨〉と記憶に残る花火大会でしたが・・今年は天気も上々お祭り日和のようで期待できそうです。

クローズアウト

夜半からの雨は時間の経過と共にドンドン強くなり、また一雨ごとに南風も強くなり、大荒れの海となりました。今日はクローズです。

水温急上昇

久しぶりに曇りがちの一日でした。時々スコールの様な雨も降り海上は今一つでしたが、ここにきて水温が確実に上がりました。ボートポイントの水深18m位のところでも28~29℃と高く、また午前中の透明度は15mほどあり、本格的なコンディションに戻っています。

今日の一枚、これも久しぶりのヤマブキハゼです。
ヤマブキ

今日も西風

今日も終日西風の一日でした。コンディションは良くなり、透明度10m、水温25~27℃のデータが出ました。このままドンドン良くなることを期待します。
今日の一枚、昨日に引き続き幼魚シリーズです。Kさんからお借りします。

イソギンチャクカクレエビ

少し西風

久しぶりに少し西風が吹いた一日でした。ここ数日サンゴ産卵の話題が続きましたが、この季節アチコチで今年生まれた幼魚が確認できます。今日貼付するクマノミも普通に見られる魚ですが、1cm程度の幼魚はまた違った趣があります。
Iさんからお借りします。

クマノミベビー

明らかに改善傾向

昨日に引き続き、素晴らしい夏空のもとでのダイビングでした。透明度5~10mはあまり変化はありませんが水温が25~26℃と上昇傾向で、6ハンは完全に必要ありません。

今日の一枚、昨日に引き続きサンゴの産卵、Sさんからお借りするマクロです。産卵直前の状況です。この後一斉にハッチアウトが始まります。
産卵ー1

やっと確認できました。

昨日お伝えしたサンゴの産卵、センター前で確認すべく午後9時30分頃からエントリーしました。案の定お目当てのニホンミドリイシ、表面にピンクの卵が今にもハッチアウトしそうな状態でスタンバイしていました。そして午後10時30分頃待望の産卵が始まりました。見慣れた光景ですが何度見ても新鮮で、この機会をできるだけ多くのゲストと共有できればと改めて強く想いました。今日の一枚、昨夜の1ショットです。
透明度5~8m、水温24℃です。

ハナザキー2

昨日に引き続き

昨日に引き続き、数字よりは回復傾向です。管理人もゲストと一緒に沖の向かいました。透明度5~8m、水温21,5℃と相変わらずですが、表層の流れが下り方向になってきました。コンディションが変わる良い前兆かも、この傾向が続くと良いですね。
ところでサンゴの大産卵、予想外に昨夜あった様です。いつもの事ながら予測は難しいです。

今日の一枚、Kさんからお借りします。今年は期待外れでしたが、子供たちはシッカリ育っています。

アオリイカベイビーその1

今日も良くなってきてます。

昨日から海況に改善傾向が窺がえます。今日もボートから帰ってきたスタッフによると透明度は5~8mと数字的にはそれ程変化はありませんが感覚的には改善したような気がするとのこと、明日以降に期待です。水温は23~24℃、ビーチは26℃まで上がってきました。

水温上昇

昨夜来の西風は、クーラーが要らないくらいの乾いた風を送ってくれました。ただこの風は日中も吹き続け、海上は少しラフナコンディションでした。透明度は5~7mとそれ程変化はありませんが急に水温が24~25℃まで上昇しました。或いは潮が変わる前兆かもしれません。明日に期待です。

「上り潮」の日々

数日続く上り潮は今日も相変わらずです。海上は本当に素晴らしい好天で、緩い東風と相まって絶好のダイビングコンディションなのですが・・・
マアこれも自然の流れ、潮が変わることを気長に待ちましょう。透明度≒5m、水温21~22℃です。

今日の一枚、「上り潮」に於けるマクロシリーズ第3弾、昨日に引き続きIさんにお借りします。
オキナワベニハゼ-1

連休最終日

連休最終日、素晴らしい好天のもと久しぶりに沖のポイントに向かいました。着いてみると先着ボートがおり、「上り潮」が付け出したとのこと、カレントラインでエキジットしているダイバーの雰囲気から流れの強さが推測されました。残念ながら沖のポイントでのダイビングは中止し近場に戻りましたが、海況は少し良くなったようです。透明度3~7m、水温20~22℃です。

今日の一枚、昨日に引き続きマクロシリーズ第2弾、Iさんからお借りします。
タマゴ

大賑わい

梅雨明け最初の連休中日、ビーチもボートポイントも大賑わいの一日でした。しかし海況は相変わらず今一つ、透明度3~5m、水温20~22℃のコンディションが続きます。今日乗船した船長さんによると、「上り潮」が数日続いているとのことです、御存知の方も多いと思いますが串本の透明度が良くなるのは「下り潮」の時、潮周りが変わるのを首を長くして待ちます。
そんなコンディションでも可愛い生物は至る所にいます。今日の一枚、そんなマクロなファニーフェイスの一枚、Kさんからお借りしします。

テグリ


梅雨明け!

待望の梅雨明け宣言が今日午前発表されました。待ち構えていたかの様な夏空が広がった土曜日です。ただコンディションは相変わらず、透明度3~5m、水温は少し上がって20~23℃(特に午後になって好転しました。)次は海中の梅雨明け?に期待です。

今日の一枚、コンディションの良くない中、ゲストのIさんが撮った一枚です。
ムラサキのハゼ

今日こそ梅雨明け?

今日も午前中は不安定な空模様でしたが午後からは夏空になり、海上は茹だるような暑さになりました。いよいよ梅雨明けか・・・
今日貼付する写真は最近の串本のコンディションです。海上と水中との温度差が大きい為レンズがすぐ結露します。ちなみに表層22℃、ボトム19℃、透明度5mです。

ki.jpg

by hanazaki

梅雨明けだよ!全員集合!!!

今日は早い時間は雨が降っていたのですが、時間が経つにつれ晴れ間も見られるようになって来ました☆
もう梅雨明け間近かな。。。

海上は久しぶりに風も穏かでダイビング日和!
が・・・水中では昨日よりも透明度落ちて水底では5m、水温19℃。
この3日間ほど、毎日コロコロ水中コンディションが変わります。

とは言え、水中では見るものが沢山あって、今日の写真の主役を撮っている間は寒さも忘れるほどでした。
見た瞬間に『顔面アップ』しかない!って笑いながら撮りました。

By HANAZAKI

カサゴ





梅雨末期

作夜からテレビの番組中に気象情報が盛んにアナウンスされ、アチコチの地域で大雨への警戒が喚起されました。そんな状況の中、今日の天気を心配しましたが何とか晴れ、ボートが出せました。透明度5~8m、水温22℃は相変わらずです。今夜から明日にかけてもこの気圧配置にあまり変化はなさそう、梅雨末期の大雨に要警戒です。

今日も南風

今日も南風の一日でした。ただそれ程強い風ではなく、もう一つの心配の雨も断続的に降る程度でダイビングは出来ました。透明度5~8m、水温は少し上がり加減で22℃でした。梅雨明けはもうすぐ其処まで。

南風の日々

南風が続いています。今日も終日吹き、海上はラフコンディションでした。ゲストは東側の海に向いましたが、水温が少し低いくらいで(19℃)透明度は8~10m位とマズマズのコンディションでした。

雨の止み間に

どうかと心配した日曜日、雨の止み間を縫ってのダイビングとなりました。早朝は強い雨で案じましたがその後止み、南風もそれ程吹かずの一日でした。管理人もゲストと住崎に向かいましたが、コンディションは相変わらずで、表層で5m位の透明度、水温23℃、ボトムで15m位まで透明度は上がりましたが(特に朝一のダイビング)水温はなんと18,5℃、或いは湧昇流現象かもしれません。(去年も丁度この季節でした。)

オルトマン

天気予報の難しさ

昨日のお昼の天気予報では今日はとても潜れたものではないと思っていました。ところが夜になって予報が変わり、お昼の予報のような西風も吹かず、比較的穏かな海況となりました。透明度も少し改善されて5~8m、午後のラストは5~12m位まで改善されました。しかし透明度の改善とは反対に水温は低い所で19℃まで下がっており、海上の蒸し暑さとのギャップが大きすぎます。

今日の一枚、4cm程のクダゴンベが確認されました。まだ幼魚のようで体は半透明です。
クダゴンベビー

billfish tournament in kushimoto

昨日から毎年恒例のビルフィッシュトーナメントが始まりました。いつものことではありますが串本港には素晴らしいクルーザーが舳先をそろえて停泊しています。こんなクルーザーで外洋をカジキを求めて縦横無尽に走り回るのは爽快なことでしょう。
ところで雨がちでしたが午前中は穏かで住崎に向いました。透明度3~5m、水温20,5~22℃は相変わらずですが、透明度のせいか意外に魚影が濃く、透明度の悪い中楽しいダイビングでした。しかし午後になって急に南風が強くなり、クローズとなりました。

bill fish

晴れました。

久しぶりにスッキリ晴れた一日でした。これも久しぶりに管理人もゲストと住崎に向かいました。水温は想ったほど下がってなく22℃くらいでしたが、透明度が良くなく3~5m位でした。ただダイビングをしている間ズット沖に向かう流れがあり、或いはこの流れが透明度を改善してくれるかもしれません。

アミメハギ

終日雨

梅雨だから当たり前なのですが毎日鬱陶しい日が続きます。昨日はまだ晴れ間もありましたが、今日は終日雨です。予報では明日は晴れそう、海況の好転に期待です。

曇り空の一日

終日ハッキリしない天気の一日でした。海況は海面近くは24℃程あるのですが透明度は今ひとつ、ボトムに降りると10m以上まで良くなりますが19℃まで水温は下がります。中々安定したコンディションは望めません。

久しぶりの晴れ間

久しぶりに終日陽射しに恵まれた一日でした。海況もボトムでは10m以上の透明度があり、水温は21、5℃と少し低めですがマズマズのダイビングコンディションといって良いでしょう。

今日も東側海域

天気は徐々に回復して来ましたが、やはり昨日の大雨の影響は色濃く残り、コンディションの悪い海域を避け今日も東側海域でのダイビングとなりました。ところで早朝から約300人以上の人々が集まり、上浦海岸のビーチクリーンアップが実施されました。管理人も参加しましたが、昨日までの南風によって打ち上げられたゴミを目の当たりにした時、回収はとても無理だと思いましたが、ビーチを覆いつくした多くの人々の手によって1時間もしない間に回収ができました。先日も大阪のショップのゲストがセンター前のクリーンアップを実施してくれ見違えるように奇麗なセンター前となりました。一人一人がシッカリとした目的意識を持つことがきっと素晴らしい結果を生むのでしょう。皆さん、早朝からお疲れさまでした。

今日も大雨

早朝から午前中一杯大雨となりました。早い時間帯はセンター前の濁りも何とか持つかと思いましたが、アッという間にコーヒー色になってしまいました。コンディションの安定していた東側海域にポイントを変えましたが、帰ってきたゲストによるとトビエイを確認できたとのこと、出会いはどこにもあります。

梅雨本番

予報に反し、午前中は大雨となりました。何とか午後には小康状態になりましたがやはり梅雨本番、今までの降水量が少なすぎた位です。透明度10m、水温24℃は相変わらずです。


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。