FC2ブログ

串本マリンセンター

本州最南端の串本町にあるダイビングサービスです。 ファンダイビング・ライセンス取得コース・体験ダイビングなどおまかせください。

串本マリンセンター

Author:串本マリンセンター

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬晴れ

昨日に引き続き、強い冬型の天気の一日でした。でも午後になって強い北風は治まりだし、何とか峠を越えたようです。明日に期待です。

今日の一枚、寒い冬をジッと耐える海の仲間です。

サカサハゼ
スポンサーサイト

冷たいけどエキサイト

早朝はそれ程でもなかった西側海域、8時頃からやはり北西の風が吹き出しました。センターのゲストは東側海域に向かいました。水温は14~15℃と予想通り西側より低めですが、透明度12~15mとマズマズで楽しいダイビングでした。特に2ダイブ目に潜ったセンターのゲストにとって初めてのポイントは新鮮で、これから潜り込めば新たな発見が期待できそうです。

今日の一枚、昨日催された、串本の春を告げる恒例の火祭りです。

火祭り

魚眼モード

今日は久しぶりに北西の風が緩みました。

午前中は曇りがちでしたが、午後からは晴れ間も見えてダイビング日和になりました。
水中では透明度15m水温16℃。
最近私はデジタルカメラの魚眼レンズモードが面白く、今日のカサゴのようなあまり動かない被写体を狙って撮っています。

今晩は串本の火祭りがあるのですが、心配していた天気もよさそうです。

Iカサゴ


明日は火祭り

穏やかな金曜日、明日は日中は少し曇りがちで推移しそうです。恒例の火祭りが明日の夜開催されます。予報通りの天気であれば実施できそうです。乞う御期待。

戦いは続く・・・

昨日行けなかった駆除、今日参加しました。昨日の駆除場所でかなりのオニヒトデが確認され、今日は続きとなりました。「昨日の取り残しなら大したことない。」とタカを括ってエントリーしたところ、瞬く間にキャッチネットが一杯になってしまいました。戦いは続きます・・・・・

連日冷えます。

今日は一層寒さが増してきました。先日も書きましたが今年は本当に冬らしい?冬です。冬眠です。

駆除参加

今週も駆除に参加しました。実は昨年、忙しさと体力の低下からあまり駆除に参加できずにいましたが、今年は一念発起、可能な限り駆除に参加できるよう心掛けています。管理人が参加する際、必ずお会いする常連さんが数人います。黙々と駆除に参加する彼らを見ていると、頭が下がります。

快晴そして北風

ほぼ同じようなタイトルの繰り返しで申し訳ありません。今日も天気からセンター前日誌はスタートです。相変わらず安定した冬の一日の風景です。今年は例年よりしっかりした冬型のようで、寒い日々が続きます。
今日貼付する一枚は、住崎で普段にも増して群れの密度が高くなっているアカヒメジです。この写真を見るだけだと真冬とは想像できません。

アカヒメジー5

少し回復

昨日に比べ、海況は少し改善したようです。透明度12m、水温17,5℃と水温が少し戻っています。この時期の1℃はダイバーにとっては気になる数字です。

今日の一枚、グラスワールドのワンシーンです。

アオサハギ 幼魚

モアイ

今日は午前中、風も無くダイビングコンディションでした。しかし午後からは、風も少し上がりラフコンディションとなりました。透明度12m、水温17℃です。私たちは港にオオミウマが居るとの情報を聞き早速探して見てみると、モアイ像のように佇んでいました。

今日の一枚、そのモアイ像です。

ウミウマ

一服

久しぶりに穏かな海況が終日続いた一日でした。コンディションは透明度7~8m、水温16℃と少し下がり気味ですが、この時期穏かな海況は何よりです。

波があります。

昨日、今日とそれ程強い風が吹いている訳でもないのに波があります。おかげで今日の駆除も結構ラフなコンディションの中、実施されました。駆除参加の皆さん、本当にご苦労様でした。

今日も駆除参加

今日も駆除に参加しました。実は今日の駆除場所はかつて食害がクローズアップされた最初の場所です。当時はクシハダミドリイシの上にテンコ盛りになった貝を両手で掻き集めるほどのヒメシロを始めとする多くの食貝が確認されました。食害に会い死んでしまった白いサンゴの荒野を眺めたのを思い出しました。数年ぶりで潜った海は小振りながらも元気なサンゴが点在し、冬の素晴らしい透明度(15mオーバー)のもと生き生きした景観を展開しています。改めて自然は偉大です。

久しぶりのオニヒトデ駆除

今日は北西の風も緩くなり、水温17℃、透明度15mと安定した状態でした。久しぶりに参加したオニヒトデ駆除では、数は少ないながらも大振りの個体が発見されました。参加者の皆さん、寒い中ご苦労様です。
尚この安定した海況は週末まで続きそうです。

冬の日々

昨日は厚い雪雲の切れ間から、真っ赤な夕日の一部が現れ、また違った光景に目を奪われました。今日も午後まで北風の一日でした。

今日の一枚、趣を変え、知り合いから頂いた素晴らしいシーグラスの置物です。

シーグラス

初雪そして初氷

今冬一番の冷え込みとなった一日でした。題名に書いたとおり、昨日そのままにしていた洗い場の桶には薄氷が張り、時々雪が舞う一日でした。当然西側の海はクローズ、ゲストは東側海域に向かいました。

寒くなって来ました。

午後になって寒さが増してきました。曇り空の正体はどうやら雨ではなく、雪のようです。ただ心配した北風はそれ程でもなく、ボートは出ました。透明度15m、水温17℃です。

今日の一枚、先日来狙っているハナゴンベのペアショット、中々上手くいきません。何とか一方のアップのスタッフショットです。

ハナゴンベー1



今日も穏か

昨日よりもう一つ穏かな海況の一日でした。管理人も久しぶりにデジカメを持ちましたが、やはり普段使っていないと全然だめです。やはり「習うより慣れろ。」です。透明度は15mと良く、17℃の水温でも苦になりません。

今日の一枚、S95の魚眼モードでのスタッフショットです。
ガラスハゼ

少し緩みましt。

冬型の気圧配置が続いており、北風の日々でしたがここにきて少し緩んだようです。久しぶりの住崎は透明度10~12m、水温はやはり下がって17℃といったところです。

今日の一枚、Kさんからお借りするイラモカクレエビです。

イラモカクレエビ

プレスミーティング

今日、2011年度のエルトゥールル号発掘調査の公式会見がありました。管理人も出席しましたが、先日も述べた様に今年は潜水調査はありません。その代わり前年まで引き上げた遺品の保存処理が実施されます。今回の会見でも固まり(コンクルージョン)の中からコーヒーグラインダーが見つかった報告があり、実物を確認できました。ご存知のようにトルココーヒーは有名で、このコーヒーグラインダーで乗組員達は美味しいトルココーヒーを楽しんだことでしょう。

冬の一日

寒い日が続きます。さすがに海上も閑散としています。こんな時こそ体を動かすべきなのですが・・・

成人式

夜間に吹いた北風はスッカリ止み、穏やかな天気の一日でした。管理人は本当に何十年ぶりで地元の成人式に出席しました。勿論管理人が成人式を向かえたのは遥か昔で、仕事関係の年初めの参拝でした。久しぶりに見学した「お的」の弓式は神聖で、改めて新年を向かえた気持ちになりました。

今日も穏か

きのうに引き続き安定した海況の日曜日でした。しかし予想した陽射しがなかった分ダイビング後の船上はかなり冷え込みました。透明度10m、水温18℃は相変わらずです。

今日の一枚、久しぶりに出会えたハタタテシノビハゼです。Kさんからお借りします。

ハタタテシノビハゼ

久しぶりの穏かな週末

寒さも少し和らぎ、穏かな海況の週末となりました。1本目は沖のポイントで大きなミカドウミウシと出会え、2本目も他店のスタッフに教えて頂いたレアものに出会え、充実の一日でした。
透明度10~15m、水温18℃です。

久しぶりの今日の一枚、Sさんからお借りするミカドウミウシです。

大きなミカド

今日も冷えます。

今日も冷えました。でも明日から冬型は緩みそう、週末前半は楽しめそうです。

この冬一番の冷え込み

この冬一番の冷え込みとなりました。夜半から吹き出した北風は朝になっても止まず、寒さと相まってラフな一日でした。

エルトゥールル号

120年前に遭難したトルコ軍艦エルトゥールル号の今年の調査が近づいてきました。とはいっても去年までのような潜水調査はなく、引き上げられた遺品の保存処理と、エリアを広げた聞き取り調査がメインとなるようです。現在保管されている遺品は殆どが、まるでコンクリートの塊のようですが、奇麗に保存処理をすることによって往時の姿を現すことでしょう。新しい発見に期待しましょう。今日は明日から串本に入る調査チームの皆さんの受け入れ準備を手伝った一日でした。

正月休み

世間ではソロソロ仕事始めですが、センターは今日が正月休みとなりました。海況は今日も穏やかですが、連日の暴飲暴食で酷使した体を休めます。

今日も穏やか

3が日最終日の今日、曇り空ですが穏やかな海況の一日でした。勿論今年最初の沖のポイントに向かいました。少し流れはありましたが何とかダイビングは楽しめ増した。透明度15m、水温18℃です。

ホームゲレンデ

年末から数日続いた強い冬型の気圧配置もヤット緩み、待望の住崎での初ダイビングとなりました。透明度10m、、水温18℃と少し低めですがやはりホームゲレンデでのダイビングはリラックスです。今年も素晴らしい出会いを期待します。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。