FC2ブログ

串本マリンセンター

本州最南端の串本町にあるダイビングサービスです。 ファンダイビング・ライセンス取得コース・体験ダイビングなどおまかせください。

串本マリンセンター

Author:串本マリンセンター

最新記事

最新コメント

リンク

最新トラックバック

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナクソ3連発

お久しぶりになります。
週末のブログをさぼり、昨日もさぼったため4日ぶりのブログを書きます。

先週からの春にごりは継続、ボート、ビーチポイントともに透明度が5m未満となかなかガイドしづらい季節になってきました。

そんななか本日はノーゲストということもあり、以前よりスタッフからリクエストが出てた「ムラサキハナギンチャク」をガイドしてきました。

ポイント・センター前ビーチ、水温・17℃、透明度5~3m

センター前ビーチには広範囲にムラサキハナギンチャクが点在しており、確認しているだけで5個体あります。
(僕はこのイソギンチャクのことを「ハナイソ」や時にはネタで「ハナクソ」と呼びます。)
しかし透明度の悪い今、案内できるのは3個体だけ...とはいえそれぞれ個性があっておもしろい被写体です。

IMG_6938.jpg  写真提供:スタッフ S・H

サイズは一番小さいですが、イソギンチャックの色が綺麗で、いい具合にホウキムシが咲いてくれてます。


IMG_6990.jpg 写真提供:スタッフ S・H

これは僕のおすすめの個体、サイズが大きく色も蛍光色で綺麗です。
この個体は最近エビがつき始め、今はビイドロカクレエビが5~6匹ついています。
クリーニングステーションなのかな?キタマクラなどがいつもいますのでマクロもワイドも両方いけます。
しかし底がフカフカのドロなのが玉に瑕です。


IMG_6931.jpg 写真提供:スタッフ S・H

この個体は一番近くにあり、また下が砂地なので比較的案内しやすい個体です。
しかし色が白と茶色とすこし色気に欠けるかな?といった感じ。
肩慣らしにいくのはありかも。

今日はセンター前ビーチの「ムラサキハナギンチャク」改め「ハナイソ」もしくは「ハナクソ」を3連発でご紹介させていただきました。
どうです?みんな個性があっておもしろいでしょ。


探せばきっとまだあるはずです。
見つけたらブログでご紹介いたしますのでお楽しみにー。



串本マリンセンター






スポンサーサイト

どろどろ

某有名メーカーの創業者と現経営者によるドロドロの対立にひとつの結果が出た今日、そんなことにはまったく関係のない僕はドロドロの海に一人で潜ってきました。

ポイントはセンター前ビーチ、水温16℃~17℃、透明度2m

とにかく笑えるくらいドロドロ、故ジャイアント馬場氏やったら自分の足元がみえてないですからね。
どうしたろか?なんて思いながら、とりあえず目的のアカタチ探しをすることに。
途中こんなんで遊びながら探してきました。

P3270041.jpg

ムラサキハナギンチャクをバックライトでとってみたり、あといくつかライトほしいですな。

P3270027.jpg

別の個体はライトのみで撮ってみたり...二つとも画像かなり加工してます。


P3270020.jpg

ヒメイカを撮ってみたり.....目的はどうしてん?(笑)

いや探したんですけどね、影も形もないんですよ。
どこいったんかなー? 


エキジット付近ではイソカサゴ?に見送っていただきました。

P3270062.jpg


水中はドロドロですが、陸上のほうに目を移すときれいな光景が見れます。
今日配達の合間に潮岬をぐるっと一周、ところどころ桜も咲いてますね。

27 - 1

明日はボートダイビング、すこしでも透明度が回復していることを願います。




スナビクニン

今日は地元ガイドの大先輩にあたるDIVEZESTの参木先生とスナビクニン探しへ。
このスナビクニン、先日マリンステージの谷口先輩が串本エリアで初めて観察した魚です。

成果は2人で8匹ほど、僕は写真の無地と細かいストライプ柄しか見てないですが、先生はドット柄も見たようです。

P3260007.jpg

僕が見た中ではこの写真のスナビクニンが一番小さかったですね。

P3260013.jpg

無地のタイプとこのタイプが多いのかな?
まあこれからどんなタイプが出てくるか楽しみですね。

あと個人的に見たかった生物もついでに見れました。

P3260009.jpg

コノハガニ、どこにいてるかわかるかなー?
まあカニの擬態レベル云々より、僕の撮影レベルに問題がありそうですが...。

三角形は雄だったかな?
頭に小さいフクロのりをつけています。
コマンドーでシュワちゃんが顔に迷彩ラインをいれてましたが、発想は同じです。



これから串本では、このスナビクニンでしばらく盛り上がりそうですね。
発見された先輩と今日誘っていただいた先生に改めてここで尊敬と感謝の意を表させていただきます。



串本マリンセンター








週末のログ(ビーチ編)

昨日はボート編、今日はビーチ編になります.....が写真3枚しかもらってないや。
たくさんもらったつもりやったのに....代わりに僕の稚拙な文章で行間を埋めさせて頂きます。

この日のビーチは水温17℃、透明度8m位、そのなかでこんなん撮っていただきました!

IMG_6713.jpg 写真提供:M・Sさん


22日の早朝にゲスト様とセンター前にビーチダイビング。
リクエストはオニハゼとヒメイカ。
ということでヒメイカを探しながらオニハゼポイントへ向かうことへ。

オニハゼポイントにはとにかく大小さまざまなオニハゼが多く住んでいます。
またここの砂はサンゴ混じりの綺麗な砂なので景観だけとってみてもなかなかのものです。
がっつりハゼで遊んでもらって帰ってきました。

ヒメイカは見つけれませんでしたが、今が旬の魚などはご紹介できたかな?

IMG_7422.jpg 写真提供:T:Sさん

アナハゼです。
今の時期あちこちで見かけることが出来ます。
正面顔はとってもかわいい魚です。

このあとボートで2本潜ったあと、なんともう1本ビーチのおかわりリクエストが。
僕にとっては非常にうれしいことです。
こみ上げてくる涙とポカリをこらえて潜らせていただきました。(このネタわかる人は少ないやろな。笑)

2本目もオニハゼポイントへ、僕もこのポイントを改めてしっかり観察しようと、お客さんが写真とってる間ずっと色々考えながら潜ってました。
もうひとつの目的であったヒメイカいてなかったなーと思いながらエキジット寸前にゲスト様がヒメイカを見つけてくれました!しかも2匹同時に!!
しかし90分以上潜っていたのであえなくエア切れ...。
でも見ていただけてよかった。

マリンセンターに戻りログ付けの際、撮った写真を見せていただくと、こんなんこっそり撮っていやがった!

IMG_6715.jpg 写真提供:M・Sさん

背中の白いライン、黄色い目玉、ヘリシロウツボで間違いなさそうです。
これはなかなかレアでしょ!少なくとも僕は見たことありまえせん。
てゆーか....教えてよーー!

しかも見事にうねうねしたところを撮ってくださってます。(特に1枚目)
まさに蛇の道、この先にはきっと界王様とバブルス君が待ってるぞ!



ちなみに今日も早朝ビーチ1本潜ってきました。

水温は16度と少し下がってましたね。
海はしっかり春濁り、1日で青色から緑色に変わっています。
みた生物などはまた後日報告できればと思います。

週末来てくださったゲスト様まことにありがとうございました。
またのお越しを心よりお待ち申しあげております。


串本マリンセンター



















週末のログ(ボート編)

この週末は久しぶりに2日続けてのダイビング日和。
穏やかな海と暖かい日差しで快適にすごさせていただきました。
当然僕も2日間潜りまくり。
日曜日に至ってはボートガイド2本、ビーチガイド2本と久しぶりに熱いものがこみ上げるくらい潜らせていただきました。(気持ち的にはもちろんですが、主に胃腸方面から。笑)

では本題に入りますが、写真をたくさんいただいてます。
今日は週末のボートダイビング状況をメインに書いていきたいと思います。

2日とも東風のため海は穏やか、水温・透明度は、土曜日が18℃・15m、日曜日が17℃・8mといった感じでした。

先々週に見つけたハナゴンベ、ようやく人に慣れてきたかな?
この日はめずらしく寄らしてもらえました。

IMG_7470.jpg 写真提供:T・Sさん


土曜日は絶好のワイド日和!
ゲスト様もワイドで遊んでいただきました。

DSC_0604-1.jpg  写真提供:Yさん

ミギマキの喧嘩(ナワバリ争い)かな?
奥に見えるのは魚だろうか?透明度の良さがわかっていただけると思います。


DSC_0625-1.jpg 写真提供:Yさん

コロダイの群れです。
本当海がきれいですね、この写真を見てるとどこまででも泳いでいきたくなります。


IMG_6571.jpg 写真提供:M・Sさん

アオサハギの成魚です。
すぐに隠れるのでゲスト様も苦労されてました。


DSC_0066-1.jpg 写真提供:Yさん

サガミもクロヘリもすくすく育っております。


IMG_7472.jpg 写真提供:T・Sさん

イソバナカクレエビとポリプ。
この日は六分咲きといったとこでしょうか。


IMG_6540.jpg 写真提供:M・Sさん

ミカドウミウシとウミウシカクレエビです。
こちらは地元ガイドのT先輩から情報をいただき発見。
ていうか、情報聞いたの2日前やけど行ったら情報どおりの場所におったし、エビが2匹とも撮ってくれといわんばかりの場所にいてくれてるし....完全に調教済みですやん。(笑)

この週末は連休ということもあり串本にも大勢のダイバーさんが来ていただいたみたいで久しぶりに賑わっていました。

明日はビーチ編をお届けいたします。



串本マリンセンター


















上昇中!!

約1週間ぶりの更新になります。
講習で大阪に行ったり、時化で潜れなかったりで今日が今週初潜り
になってしましました。
その間海はいい潮がはいったようで、透明度・水温ともに上昇中です!

そんな中ビーチに入ってきました。
透明度5m~12m、水温18℃、昨晩の雨のせいか透明度はムラがあります。

まずは海草の周辺をチェック。
生物がいっぱいいます。

P3200041.jpg

ヒメイカです。
この海草にもつくんですねー。


P3200055.jpg

このカエルアンコウも結構長いこといてくれてます。

そのほかにも小魚やアミエビなど生物でいっぱいです。
急に芽吹きだしたなー。
非常に面白いですね。

このあと砂場に、水温の影響もあってかハゼは元気です。
がしかし...アカタチがおらんようになっとる。泣
.............また探そ。


地味な写真ばかりなので、こんなのも。

P3200014.jpg

超浅場にだけ?生息するイソギンチャクらしいです。
UVやブルー色素タンパクがどうのこうので影響しているそうです。
難しいことはおいといて、「エビなどがついてくれると面白いのになー」といつも見てますがついてたためしがないですね。

さて明日からゲスト様がこられます。

明日は海況がよさそうなのでがっつり潜りましょう!




串本マリンセンター





ひさびさの串本2ボート!

今日もゲスト様とマンツーマンでマクロダイビングをさせてもらいました。
最終日の今日ようやく串本西側エリアで2本潜ることが出来ましたー。
水面はややうねりが残っていたものの、水温約16℃、透明度10~12mと前日より回復、いい潮はいってきてるかな?

週末はショップ様のガイド、週明けは用事で大阪に行くので、しばらく写真つきのブログはアップできそうにありません。
なので今日は少し多めに写真を貼らせていただきたいと思います。


IMG_8476.jpg 写真提供:S様

ゲスト様よりリクエストいただいてたガザミです。
先日の出雲ビーチでのリベンジ果たせましたね!


IMG_8389.jpg 写真提供:S様

こちらも2本目にリクエストのあったアシビロサンゴヤドリガニ。
ポリプが開いてくれてたらなー。


IMG_8489.jpg 写真提供:S様

面白い絵やなー。
ニシキウミウシにキムラカエラ....じゃなくワレカラがのってます。(2文字しかあってないやん 笑)
この組み合わせは初めて見ました。


IMG_8506.jpg 写真提供:S様

ウミシダカクレエビです。
出雲ビーチに行ってからというもの、きれいなウミシダが気になって気になって....。


IMG_8437.jpg 写真提供:S様

綺麗なポリプの間にイソバナカクレエビがついてくれてます。
撮れたのはこの1枚だけ、この後残念なことに.....。泣


IMG_8444.jpg 写真提供:S様

スレートには謎の生物と書かせていただきました。
うーん、なんでしょうね?
次回までの宿題ということで。

とまあ、ここまでエビとカニばかりご紹介してきたんですが、最後の最後にこの魚をご紹介できました。

IMG_8512.jpg 写真提供:S様

ゲスト様も大好きなハナゴンベです。
正面向いてくれたらなー。
久々のハナゴンベでした。

明日はまた少し海が荒れそうな予報です。
出雲、大島も面白いけど、やっぱり串本で潜りたいですね。



串本マリンセンター
















PINK

ひさびさの大島ボートいってきましたー。!

IMG_8356.jpg 写真提供:Sさん

詳細は続きを読んでいってください。



今日の串本は午後から時化の予報。
そんな中、午前中に1本住崎エリアに潜ってきました。

昨日までの強風の影響でかなりうねりが残っています。
そのせいか浅場の透明度は5~6mと非常に悪く、水温も14℃とコンディションはいまいち。
でも深場に行けば行くほど透明度が15mくらいまであがってきて、水温も15℃と少し高ったのが非常に印象的でした。

IMG_8278.jpg 写真提供:Sさん

まずはご紹介したかったキクチカニダマシの一種へ。
あとで写真を見せてもらい気付いたんですが....片腕ないやん....。
無事に再生してほしいものです。

つづいてはこのエビ

IMG_8291.jpg 写真提供:Sさん

最近の定番ネタですね。

あとこんな光景も

IMG_8307.jpg

うねりの影響がケヤリにも。
凪の時には見れない光景ですね。

1本目終了時点で風が強まってきたため今日も東側へ避難することに。
今日は当店をご利用いただいてるショップ様が大島でボートダイビングをされてたので、その船に午後から便乗させていただきました。

行き先はごんげん、といったらこれしかない。

IMG_8320.jpg 写真提供:Sさん

昨日に引き続きスナイソギンチャク、しかもここのはピンク色。
いつ見ても息を呑むほどのきれいさです。
しかも出雲と違って比較的浅いところにあるのがうれしいですね。
TOPの写真のハクセンアカホシカクレエビと最後の写真のオドリカクレエビの2種類が付いててくれました。

午前中の大島ボートではクダゴンベも出た模様!!
写真は......ありませーーん 泣

機会があればがっつりネタ探しをしてみたいですね。



あ.....今日もエビとカニしかご紹介してないや....。



串本マリンセンター


シュリンプ!!

今日も串本西側は大荒れでクローズになったので、昨日と同じく出雲に避難。
本日も昨日からのゲスト様とマンツーマンで潜らせていただきました。
昨日はビーチだったけど今日はボードです。
久しぶりの出雲ボートなのでなにが見れるか楽しみで潜る前からソワソワしてました。

海況は抜群、水温は15℃と冷たいものの、透明度は15m、波も穏やかです。

ゲスト様よりスナイソギンチャクのリクエストをいただきましたので行ってきました。

IMG_8232.jpg 写真提供:S様

スナイソギンチャクにつくハクセンアカホシカクレエビです。
このスナイソギンチャクは串本西のエリアにはないのかな?
とにかく見慣れないホストにエビなどがついているので探してて楽しいですね。



こちらも串本では見たことない光景でした。

IMG_8241.jpg 写真提供:S様

エビの体長は約1cm、自分と同じ位細いヤギに隠れるイソバナカクレエビです。
正直ばればれです。



あとこのイソギンチャクも串本では見たことないですね。

IMG_8204.jpg 写真提供:S様

まだ調べてないので名前はわかりませんが、球状の触手?がいい感じです。
オドリカクレエビが玉乗りしてました。
本音をいえばクマノミがついていてほしかったんですが...。

終わってみれば今日はエビやカニなどの甲殻類ばっかりご紹介してますね。

さあ明日こそ串本西エリアで潜れるかなー?



串本マリンセンター












ヒメギンポの産卵

本日の串本西側の海は大荒れ...ということでゲスト様とマンツーマンで出雲ビーチに1本潜ってきました。
水温15℃、透明度10m

本日ゲスト様が来られるのは午後から、また僕自身このビーチに潜るのは約1年ぶりの2回目ということで、調査もかねて午前中に一本潜ってきました。

思っていたよりもネタが豊富、ご紹介したい生物で一杯です。
特にヒメギンポ雌の婚姻色が本気モードに! これは産卵が見れるかも。

午後からは無制限一本勝負のがっつりマンツーマンダイブ!

早速ヒメギンポへ、うーん産卵してないなー。
「産卵してませんねー」、スレートに書いてしばらく観察.....キタキタ!

IMG_8158_1.jpg 写真提供:Sさん

手前にいるのがメス、奥がオスになります。
ヒメギンポの産卵については3月5日のセンター前日記に詳しく書いていますのでご興味があればお読みください。
この写真を見せていただき始めて気づきましたが、産卵中のメスは背びれを立てて口を開けるんですね。
まさに全身全霊、力を振り絞って産卵しています。 いい表情や!

普段はあまり注目されない魚ですが、このときばかりはいろんな意味で輝きをはなっています。


こちら側の海では普通に見れるのかな?
センター前ビーチでは見たことなかったナマコマルガザミがすぐ見つかりました。

IMG_8077_1.jpg 写真提供:Sさん

あとおもしろかったのは幼魚が豊富なことです。
キヌバリ、アナハゼ、アンコウウバウオなどの子供は多く見られました。
その中でも特にかわいかったこいつ。

IMG_8109_1.jpg 写真提供:Sさん

2~3cmくらいかな。
いい表情してくれます。

このビーチのひとつの特徴としてウミシダがとにかく多い。
色も串本と違います。
センター前ビーチにいくつかもって帰りたいですね。 笑

そんなウミシダにこんなかわいい生物がかくれていましたよ。

IMG_8162_1.jpg 写真提供:Sさん

ウミシダヤドリエビです。
1cmくらいと小さく、すぐに隠れるので撮るのは必死です。


久しぶりに出雲ビーチ潜ったけど、おもしろかった!
気づけば潜水時間80分超え...。
最大水深もMAX6mと浅場でがっつり遊べるビーチです。

個人的にもまた行きたいですね。



串本マリンセンター


















今週末は

この週末は、当店をご利用いただいてるショップ様のガイドと講習のサポートをさせて頂きました。
とくに様々なレベルのダイバーさんをガイドさせてもらえたのは個人的に非常に勉強になりました。
ガイド方法はもちろん、安全面への取り組み、ダイビング前後のブリーフィングなど新たな課題が生まれた2日間でした。

さて海のほうは2日とも水温15℃~16℃とまだ冷たい海が継続中です。
透明度は住崎で10m、サンビラ・イスズミ礁で15mといった具合です。
まだまだウミウシが元気で、大きい10cmオーバーのウミウシから、小さい1cm未満のウミウシまで1ダイブでかなりの種類が見れます。
ゲスト様からもウミウシのリクエストをいただいたので、ウミウシ探しに集中した週末でした。

今日の写真は土曜日にFANダイブで潜っていたスタッフのHさんからいただきました。
セミホウボウ、キクチカニダマシの一種、住崎でのテングダイのワンシーンです。

セミホウボウ僕も見たかった。

IMG_6424.jpg写真提供:スタッフHさん

IMG_6430.jpg写真提供:スタッフHさん

IMG_6439.jpg写真提供:スタッフHさん


来週の平日はマクロ大好きのゲスト様がいらっしゃります。
いまからミキプルーン飲んどこ (笑)



串本マリンセンター

念願の○○○○!!

本日串本の海はベタ凪、天気は晴れ、大潮、ノーゲスト...これはビーチ行くしかないでしょ!

午前中は少し事務仕事や店番をしていたため潜れませんでしたので昼から1本行ってきました。

最近少しわかってきたこと、砂地のポイントは大潮のあるタイミングで入ると透明度がいい場合が多いような気がします。
なので今日もそれを実践、やっぱり透明度は抜群、10m~12mくらい見えてる。
まあ水温や海況に大分左右されますが、なんとなくわかってきました。

今日の目的は先日ブログにアップしてリクエストをいただいたムラサキハナギンチャクの確認です。
ただし少し泳ぎますのでその道中ハゼを探しながらゆっくり進んでいきました。
水温は16℃と前日と同じです。

P3060017.jpg

ここの定番ヤツシハゼです。
今日はエビも顔を出してくれてます。
これは雄ですね、色も出ててきれいです。
この魚、まだゲスト様にご紹介できてないんですよねー。

P3060035.jpg

個体数は多くはないですが、クサハゼもいます。

などとハゼを探しながら目的地へ向かいます。
いつもと違うルートで進んだため、来たことない場所にでてしまった。
しかもここの底質ほかとちがう!
ちょっと気になったので目的そっちのけで探し物。

そして....ついに見つけた念願のアカタチ。

個人的にこのビーチで見つけたかった魚のひとつで、潜るときはいつも頭の片隅にいれていました。
ゲスト様からもリクエスト頂いてたんですよー。
これは興奮したなーーー。

ではそのアカタチの写真ご覧いただきましょう。






P3060043.jpg

P3060039.jpg


.....はい、この2枚だけです。

全然出てきてくれません!!顔だけ出して終わりです。
どんだけシャイやねん。
水中でどんだけ高田信彦のモノマネしたか!!
「男の中の男達.....でてこいやーーーー!!」 笑

まあ水深が浅いのと透明度が良過ぎたのが原因かもしれませんね。

これは絶対リベンジマッチや。

イッテンかなー? Nさん楽しみにしておいてください。

えっ...目的のムラサキハナギンチャクはどうしたかって?

...完全に忘れてました。
気づいたときにはエキジット...あちゃーー! 笑




串本マリンセンター








産卵

4日ぶりの更新です。

この間、新ポイントのアンカー設置作業などありましたので、そのことを含めて書いていきたいと思います。


3月3日に新ポイントとなるサンビラとイスズミ礁の間に常アンカーを設置してきました。
当然僕はポイントの開設やアンカーの設置作業は始めての体験、先輩方が手際よく作業していく様子を見て串本の歴史の重みを感じていました。
常アンカーは設置したものの、まだ正式にポイントとして開場するにはアンカーの架かり具合の確認などの調査のため、まだもうちょっと先になりそうです。
でもポイント調査など今から楽しみですね。

設置作業が終わってからその足でビーチに潜ってきました。
水温15℃、透明度5mと水中の海況はいまいちでしたが、水面はベタ凪ぎなので岩壁を中心に確認してきました。

エントリーしてまもなく、海底に目をやるとコンナンデマシタケドー。

P3030062.jpg

カラアゲくんのレッドが落ちてる...よく見たら魚でした。

P3030061.jpg

通称「からあげ魚」、まあ呼んでるのは僕を含めて2人だけだと思います。笑
でも安っぽいからあげ弁当にこんなん入ってますよね。

このカエルアンコウは先週末からビーチで見れてます。
久しぶりのカエルアンコウなのでしばらく居てほしいですね。

さてそのまま壁沿いに進んでいくとヒメギンポの雌がいました。

P3030073.jpg

まだ本気の婚姻色ではなさそうかな?
近くに雄は確認できなかったけどこれは「要チェックや!」



3月4日は昨晩からの嵐で串本の海は完全クローズ。
スタッフも僕以外は全員OFF、この日はおとなしく店番してました。



3月5日(本日)は朝からオニヒトデの駆除に参加させてもらいました。
今日は幼体を駆除するとの事で、僕にとっては初体験。
先生や先輩に教えてもらったおかげもあり4個見つけることができました。
写真を撮ってないのでアップすることが出来ませんが、インターネットなどで調べてもらうと画像が出てきます。
ご興味があれば一度水中で探してみてください。

この日は水温17℃と上昇しておる。
いい感じですな、ということで駆除終わりにビーチへ。
ビーチの水温は16℃と少し上昇、透明度は5mといまいち。
今日は真っ先にヒメギンポを確認しに行きました。

P3050048.jpg

行ったら産卵の真っ最中、「アンビリーバブルやで!!」

P3050050.jpg

雌は一箇所にとどまって定期的に体を震わせます。
ネットなどで見ているとこの体を震わす前後にタマゴを産み付けてるようです。
写真では非常にわかりにくいですが、お腹の産卵管も確認できました。

その間オスは雌の周りをウロウロしています。
外敵から守るための威嚇行為なのか、産卵を促すためなのかわかりませんが、とにかくせわしなく動き回ります。
動画で撮ればよかったかな?
ただ水深3mぐらいの岩陰でうねりをまともに食らうのですこし根性が要りそうですね。

帰り最中にホソウバウオの1cmくらいの個体に遭遇。

P3050056.jpg

撮れたのはこの1カットだけ、どこに居てるかわかりますかー?
このサイズだと模様もきれいでとてもかわいいですね。
これはリベンジです。

ではまた!!




串本マリンセンター















春の雨

今日はあいにくの大雨、やっと春めいたぽかぽか陽気のなかでダイビングができるようになってきたとゆうのにまったく...。

週末の透明度は約10m、水温は約15℃、また下がってるやん。まあこればっかりは嘆いてもしゃあない。
そんななか昨日、今日と超ベテランの常連ダイバーコンビが来店され串本の海を堪能されていきました。
僕はオープンの講習と諸事情のためビーチしか潜ってませんが、写真をいっぱいいただいてますのでその一部をご紹介させていただきます。

DSC_5875.jpg

DSC_5963.jpg

DSC_5943.jpg

DSC_4855.jpg

DSC_4846.jpg

DSC_4836.jpg

以上写真提供はKさんです。

これらすばらしい写真に僕の下手なキャプションを入れるのは無粋ですね。

Kさん、Mさんありがとうございました。
またのお越しをこころよりお持ちしています。


では最後は、もはやこのブログの恒例となったあの挨拶で締めさせてもらいます。

いやー-...「海」って、本当にすばらしいものですね。
それでは次回のセンター前日記をご期待ください。サヨナラ,サヨナラ,サヨナラ...

....我ながらネタが古い(笑)




串本マリンセンター

※ブログ内のコンテンツの転載は禁止です

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。